ツヤ(光沢)を出す表面加工

印刷した紙をそのまま組み立てても、味気ないものです。

そこで今回は「箱に艶を入れる」加工を紹介してみます。

 

ニス加工(OPニス)のツヤ

 

OPニスと呼ばれるニスを使ってツヤを出します。

それほど強い光沢やツヤになはりません。

 

そのぶんコストも安めです。

一般的な食品パッケージをイメージいただけると近いかと思います。

 

 

UVクリアニスのツヤ

 

UVで硬化する特殊なニスを使います。

かなり強い光沢やツヤがでてきます。

 

 

価格も高くはなく、また納期もさほどかかりません。

耐久性に優れているのもポイントです。

 

 

 

プレスコート加工のツヤ

 

特殊な樹脂をもちいてローラーでプレスします。

そのためまるで鏡面のように仕上がります。

 

 

写真のようにとても強い光沢を出せます。

 

 

フィルム加工(PP、PET)

 

PP(ポリプロピレン)、またはPET素材のフィルムを貼り付ける加工です。(ラミネート加工、のイメージでおおよそ間違ってないかと思います)

このページで紹介した中でも、特に強い光沢・ツヤを出せます。

 

 

手に触れたときの質感や訴求の強さ、という点ではお勧めです。

おもに高額品の箱に使われます。

ただコストの制約が厳しい時は不向きではあります・・・。

 

 

 

お電話 0120-960-254(平日9時~17時) にて相談に応じています。

営業時間外だったり、「電話が億劫」という方は お問合せ よりご希望をお聞かせください

№001 スリーブ式キャラメルケースのご紹介

皆さん、こんにちは。

今回は弊社設計チームより、新しいカタチのケースのご紹介をさせていただきます。

弊社にはケースの設計の専門の部門があります。

化粧箱つくる.netには、様々な木型がありますが「こんなのあったら良いのに」と思われるときはありませんか。

そのときは、是非お気軽にお声掛け下さいませ。

設計のプロが、イメージを具現化しオリジナルの化粧箱をご提案させていただきます。

「設計のプロが居るのはわかったけど、実際にはどういう事ができるの?」

そんな疑問を解決する糸口となればと思い、不定期ではありますが私たちのオリジナルの化粧箱の

アイデアをご紹介させていただきます。

ご参考になれば幸いです。

 

本日は、「スリーブ式キャラメルケース」のご紹介です。

blog_mip_001

 

一見普通のキャラメル式ケースですが、

2パーツによって構成されています。

その為、フタを開いてそのまま中身を引き出すことが可能です。

ケーキなどの出し入れ時、形が崩れやすい商品に便利な構造です。

デメリットは、重たく大きいものや引き出しづらいものには不向きです。

 

あなたのアイデアのひとつになれば幸いです。

 

 

 

香典返しの箱をオリジナルに

冠婚葬祭に汎用の紙箱を使うのはちょっと…

他の式場と差別化できないか…

記念になる箱にならないか…

 

そんなご要望についてご案内。

ところで「冠婚葬祭」といいますが、「冠婚」と「葬祭」を同じ場所でやることってあるのでしょうか。謎です。

 

 

冠婚葬祭で使う箱

 

例えば香典返しに。

 

喪主からのお返しを添えて。

香典返しにも、オリジナルの文面やデザインを入れる事ができます。

(また弊社の紙箱は可変印刷にも対応しています)

 

弔問客方々が香典返しにもっともはじめに触れる場所、実は箱です。

 

箱に心遣いがあるだけで、印象もがらりと変わってきます。

 

 

明るくしゃれた香典返しにも

 

最近は香典返しにも、あかるくモダンな、でもしみじみとしたデザインが多いです。

 

 

写真の箱は

 

・プレスコート加工

 

と呼ばれる、強い光沢を出す加工を施しています。

 

プレスコート加工を入れるだけでも、同じデザインが、もっとオシャレな雰囲気になります。

香典返しに時としてありがちな陳腐さ、安っぽさ、からは距離を置くことができますね。

 

(また相応に予算を使ったものだろう、と弔問客としても葬儀の意味合いに思いをはせてくれるはず・・・)

 

 

と、2例ほど紹介しましたが、専門的でわかりづらいのも箱の世界。

 

お電話 0120-960-254(平日9時~17時) にて相談に応じています。

営業時間外だったり、「電話が億劫」という方は お問合せ よりご希望をお聞かせください

 

紙箱の中身と強度

紙箱については

「中身を入れても底が抜けない」

ことが大切になってきます。

 

そこで、底面の強度(どれくらいの重さに耐えられるか)について説明します。

 

1 キャラメル箱(サック箱)

 

よくみるタイプの箱です。

例えば…食品、健康食品や医薬品、お菓子などに使われている箱。

この形状は「キャラメル箱」(サック箱)と表現します。

 

安いし、大量生産にも向いてます。

ただし、重いものを入れてしまうと、底が抜けてしまいます。

 

 

2 ワンタッチ箱

 

キャラメル箱から少し強度をあげてみます。

底面が少し複雑になってきました。

でも「ワンタッチ箱」の名前通り、組立ては短時間ですみます。

どこかで見た事のある、そんな形だとおもいます。

 

見かけ通り、多少重いモノを入れても耐えられます。

 

そんな万能なワンタッチ箱ですが…(キャラメル箱と比べると)やや価格が上がってしまいます。

 

 

 

3 地獄底箱

 

もっと底面の強度を上げてみます。

こんな形になります。

(地獄底、などと言われます)

 

写真だと分かりづらいのですが…

地獄底箱の図面はこうなります。

 

地獄底箱の図面

 

ワンタッチ箱と比べて、「底面部分のかみ合い方が違う」くらいで解釈すれば

大丈夫かなと思います。

 

底面の強度はキャラメル箱(サック箱)・ワンタッチ箱よりも高めです。

しかも価格は比較的安く作れます。

 

とはいえ…微妙に組立が面倒な形でもあります。

 

 

 

結局どれがいいの?

 

キャラメル箱(サック箱)・ワンタッチ箱・地獄底箱。

どれもぱっと見は同じ箱です。

この写真だと「どれがどの形?」かわかりません。

底面を見ればわかるのでしょうが…。

 

強度やコストなど、需要に応じて形状を選択します。

 

とはいえ、紙質だったり、サイズだったり、中身の性質だったり…

いろんな要素が形状の選択にからんできます。

 

 

自信がないという場合、

お電話 0120-960-254(平日9時~17時) にて相談に応じています。

 

営業時間外だったり、「電話が億劫」という方は お問合せ よりご希望をお聞かせください

 

 

意外に奥深い箱の世界、

少しでも興味を持ってもらえたら幸いです。

 

箱のデザインがイメージを伝える

中身は同じでも、箱が変わるとまるで別物のようになってしまいます。

とはいっても・・・具体例がないとわかりづらいですね。

 

「箱って大事ですよ!」といっても伝わらないクライアントさん相手に。

具体例を出して箱の展開をみていきます。

 

 

ティッシュペーパーの箱

 

「ティッシュペーパー」といわれても、どれも差はなさそうな気がします。

では次の例はどうでしょうか。

 

▼明るい。テキスタイルのおかげで高そう。(アスクルより引用)

http://www.askul.co.jp/p/1633009/

 

▼シック。なんとなく高そう。(アスクルより引用)

http://www.askul.co.jp/p/1633152/

 

はい。

とはいえ…ティッシュペーパーという中身は

おそらくあまり変わらないと思います。

 

でもイメージとして

「これにしたい!」

と思わせる要素が、アプローチ別にあるわけです。

 

中身はたとえ同じでも、外装だけでもリニューアルできます。

箱のデザイン、少し変えてみるだけでも違う顧客がつくかもしれませんよ。

 

 

貼箱とはいったい?

入社してはや数か月。

 

webばっかり触ってる人種です。

そしてときおり社内から

「それ貼り箱の写真だから(紙箱の写真じゃないから)載せないで」

というオーダーがあります。

 

貼り箱とはいったい?

紙箱とは違うの?

 

いまだにはっきりさせてないので、調べてみました。

 

 

 

貼り箱と紙箱

 

貼り箱:

木や丈夫な素材で箱をつくり、紙や素材を張り付ける。

スウェードなども貼り付けできる。

オートメーション化しづらい形態も多く、また価格も高い。

 

紙箱:

印刷した紙を組み立てて箱に仕立てる。

貼り箱にくらべると安価で量産向き。

 

 

という違いがあります。

 

弊社が得意なのは後者の「紙箱」になります。

とはいえ紙箱でも加工や素材によってさまざまな表現ができます。

が、デザインの自由度の高さ、質感や丈夫さ、という点では貼り箱に軍配が上がるようです。

 

 

でも貼り箱と紙箱の違いって分かりづらいよね

 

とはいえ最近はぱっと見で

「これは紙箱だ!」「これは貼り箱だ!」

と見分けがつかないものも増えています。

 

「あの箱はどちらだろう?」

「***みたいな箱がほしいんだけど」

 

といったあいまいな内容でも、分かるまでご説明をいたします。

(もちろん私より詳しいベテランスタッフが、です!)

 

お電話:0120-960-254(平日9時~17時)

 

までお気軽にご相談ください。

小ロットでの化粧箱注文

正直な話をします。

 

箱は、ある程度のロットがないと高額になりがちです。

紙に印刷するだけではなく、形を出すなど中間工程にもひと手間かかっています。

だからチラシ印刷などのつもりで想定していると、予想外にお金もかかってしまいます。

 

初期コストを考えると500個とか1000個とか。

その程度が、紙箱を作成できる現実的な下限でした。

 

 

 

小ロットで箱を注文する

 

とはいっても…

「数千個単位の箱が必要」

という方ばかりではありません。

 

そこで

箱1点から制作・注文できる体制を整えました。

 

さらに、部分的に画像や文字を変えながら印刷もできます。

箱サイズ等にはいくらか制限もありますが、ほとんどの箱には問題なく対応できます。

 

「こんな少ない数でも、紙箱は作れるのか」

 

そんな疑念をもたず、お気軽にお問合せくださいませ。

1個単位でも、きちんと要件や要望を伺ってお見積りをお出しいたします。

 

 

お見積りはこちらより、お気軽にどうぞ。

 

 

詳しい仕様が分からないという方に

 

正確な見積りを提示しようとすると、どうしても専門的な用語や判断が入ってきてしまいます。

だからお見積もりフォームは、不慣れな方にとってわかりづらい内容だと思います。

 

難しい場合、 お問合せ よりご希望をお聞かせください

「こうしたい」

「ああしたい」

等の漠然とした要望でも構いません。

いただいた内容から詳細をヒアリング。

思い描いていた箱を、熟練のスタッフが具体的な形へと変えていきます。

 

回答も、電話かメールいずれをご希望か選んでいただくこともできます。

「電話は出られるかわからない」という方もお気軽にどうぞ。

 

 

あなたのパッケージづくり、ぜひお手伝いをさせてください。

 

お電話でも 0120-960-254(平日9時~17時) にて承っています。

パッケージ印刷と流行色

流行色は決められている

 

毎年のように

「今年の流行色は○○!!」

とコピーが踊ります。

 

さて、実はこの流行色。

自然に発生するものではないのです。

 

実は世界的な組織にて

「この年は、あの色を流行色にしよう」

と定めています。そして通常2年後までは定められています。

 

というのも「来年流行する色はなに?」という話だけで

とてつもない巨額が動きます。

 

業界によっては、1年以上前から企画や生産の段取りを整えることも。

 

以前私が勤めていた、繊維がらみの業界では、今の時期にはもう来年の冬物企画が確定しています。

おそらく繊維や生地を扱う業界は一年前がぎりぎりの時期だと思います。

 

バイヤーの反応等から発注数を決めて、メーカー側は企画をもとに染色やプリント、原料、製造ライン等を確保。

万単位の生産になると、企画から納品まで数か月はかかります。

 

 

もしも発注や生産時に目安が何もないと

「まったく売れない色を大量発注してしまった」

なんて事態になりかねないのです。

 

だから

「来年はこの色を流行色とする」

と定めておくことで製造側のリスクを減らしたいのです…。

 

そういう大人の事情が「流行色」には隠されています。

 

日本に限ると、実は6か月前などにはさらに色が提案されますが、詳細は長いので省略させていただきます。

 

(具体的な内容は http://www.jafca.org/colortrend/ がわかりやすいかなと。)

 

 

箱にも流行色を入れてみる

 

さて、では直近に必要になりそうな

2017年春夏のプロダクト向けの色を見てみましょう。

→ http://www.jafca.org/colortrend/productsandinterior/2017SS.html

 

 

・ 上記URLにある2017年テーマカラー(特に商品の特徴に近いテーマカラー)

 

商品コンセプトを表現したカラー

 

・そして差別化やアクセントのためのカラー

 

 

をうまく配置すると、いい感じに、かつ、時代に取り残されていないデザインになるのではないでしょうか。

 

2色だけでも

2色イメージ

たとえば、流行りの色+コンセプト色 で構成してみると案外手に取ってもらえるかも?

かたやパッケージが古臭いと、中身が良くても手に取ってもらえません。

 

 

箱を見直してみませんか

 

そしてもしオリジナルで箱を作り直すのなら

 

オーダーメイドで箱作成:http://www.order-box.net/

既成サイズで箱作成:http://www.keshobako.net/shop/

 

あたりものぞいてみてください。

弊社が運用している、箱の全国直販サイトです。

 

またパッケージのトータルでの提案を作成することも可能です。

ヒアリングを行い、デザインや材質の提案も行っています。

しつこい電話営業も行っておりません。

 

ぜひ一度お問合せくださいませ。