ハコの話 第一回 キャラメル式箱

皆さんこんにちは(^O^)/

化粧箱つくる.netスタッフの楢原です☆

季節はすっかり秋になりましたが、皆様体調を崩されたりしていませんか?

僕はここ5年位風邪を引いた記憶はありません!(馬鹿は何とかってやつですかね…)

 

さて、本日より勝手に連載企画「ハコの話」を始めまーす♪♪

化粧箱作成のお役に立てれば幸いです(*^^*)

記念すべき第1回は、「キャラメル式箱」です。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%a9%e3%83%a1%e3%83%ab%e5%bc%8f

 

オリジナル化粧箱を作成する際に、まず最初に考えていただきたいのがこのキャラメル式箱です。

理由は簡単で、キャラメル式箱は化粧箱の基本となる形なのです。

最もシンプルで、コストパフォーマンスに優れた箱でとても汎用的に使えわれているカタチです。

在庫しておくときは、折りたたんだ状態で保管できるので省スペースにも◎!

しかし、そんなキャラメル式箱にはデメリットもあります。

まず第一に、作業性の問題があります。

ご覧の通り、底面とフタ面を組み立てる必要があります。

この作業性の問題を解決したカタチが、ワンタッチ式なのです。

そして二つ目は、重いものを入れると底抜けをするおそれがあります。

この底抜けの問題を解決したカタチは、地獄底式なのです。

 

とは言え、最も汎用的に使われているカタチであることは間違いありません。

オリジナル化粧箱を創るときは、まずキャラメル式で考えて作業性や底抜けの可能性があれば

それぞれワンタッチ式や地獄底式を考えるようにすると、良いかもしれません(^^♪

また、見栄えの良さを求める場合などでは別の形式の化粧箱もありますので、どんどん紹介していきますね!

 

次回をお楽しみに♪

コンセプトを決める大切さ

ときおりデザイン物でも

「なりゆきでこの色にしたのかな?」

「かっこいいからこの色にしたのかな?」

と思うときがあります。

 

 

コンセプトと色は合っていますか?

 

商品のターゲットとコンセプト。

この二つすら決めずに進めると、当初目的から外れたものになりがちです。

いつのまにか「なんとなく格好良ければOK」となってしまいます。

 

そして

 

発注者「うーん、格好いいけど・・・そういう商品じゃなかったんだよなぁ」

お客さま「うーん、欲しいものと違いそうだなぁ」

 

と、出来上がった成果物の前に誰も得しない結果になってしまいます。

 

 

 

例えば、クールさと高級感、信頼感などが手に取った瞬間にわかるiPhoneのパッケージ。

少し配色を変えてみましょう。

 

iphonecheap

 

…これはないですね。

とはいえ「安い」「美味しい」などを訴求する商品ならアリかもしれません。

 

 

色のイメージとコンセプト

しかし、現実には上の

「安そうなiPhone」「おいしそうなiPhone」

状態に近いことは起きています。

 

なんとなく

「これは俺の好みだ」

で決まってしまうパターンです。

 

たまたまマクドナルドが好きな人がデザインを決めていたら、iPhoneのパッケージもこうなっていたかもしれません。

これではせっかく商品を作った意味がなくなってしまいます。

 

この場合、上のひどいパッケージで今のようにiPhoneは普及したかは疑問です。

 

赤色は、インパクトがあり、そして食欲を駆り立てます。そして子供っぽい。

黄色は、胃の調子をよくして、笑いたくなる色です。そして子供っぽい。

 

赤色と黄色をあわせると

「食欲を刺激する」

配色になります。

 

(ファミレスチェーン店のロゴを思い出してみてください、多くは赤・オレンジ・黄あたりの色がメインになっています)

 

 

マクドナルド好きの人が決めたiPhoneのパッケージでは

iPhoneのコンセプトは伝わることなく、「なんかへんなもの」としてデビューしていたかもしれません。

 

 

 

お客さまの最初の印象は「パッケージ」

 

第一印象が大切だとはよくいいます。

だからこそ、パッケージの第一印象で

「これはきっと、こういう印象の商品なのだろう」

とお客様は考えてしまいます。

 

だからこそ物を売ろうとして

 

・高級感を与えるには、

・アーティスティックな印象を与えるには…

 

などなど様々な希望があると思います。

 

熟考されたコンセプトの具現化、

特に第一印象を決めてしまうパッケージ作りは大切です。

 

弊社は2サイト

・ 経験者向け 箱作りサイト「化粧箱つくる.net」

・ オーダーメイド箱作りサイト「紙箱化粧箱net」

にてお手伝いしています。

 

 

できないことはできないときちんと申し上げます。

仕様が分からないという場合でも、ヒアリングのうえで策定することもできます。

 

ぜひ一度、お気軽にお問合せください。

無料でご相談に応えさせていただきます。

メール便の封筒、オリジナルで作成します

試供品やカタログなど、安く送れるメール便。

このメール便の封筒ですが、オリジナルデザインでも作成できます。

 

オリジナルのメール便封筒

 

メール便

 

写真はサンプルですが、シンプルでナチュラルなイメージを与えてくれます。

 

写真の箱ですが紙には「Eフルート」というボール紙の一種を使いました。

モダンなイメージをシンプルに演出します。

(単色印刷でも、実利的な雰囲気はなかなかに映えます!)

 

ここにサービス名やお名前、メッセージなどを加えると

受け取った側は

 

「無地の白封筒と違うな」

 

とファーストコンタクトから印象が変わってきます。

お客さんにとって、ファーストコンタクトは商品ではなく、ポストに届けられた封筒なんです。

 

 

 

カラー印刷で華やいだイメージ作りも

 

メール便封筒 カラー印刷

もちろん、白地の紙に鮮やかなカラー印刷を施しても効果がみこめますね。

 

商品のイメージづくりにも、

たとえば単色の印刷でも全面にほどこせば、色のイメージを中身とリンクさせることができます。

 

なかなか差別化しづらい…とお悩みの時に

目線を変えてメール便の封筒を見直してみませんか。

 

 

メール便の箱(封筒)を作るには

 

お問合せお見積りは

 

[紙箱化粧箱.net]

 

までお気軽にどうぞ。無料で、ご相談・お見積もり作成に対応いたします。

(あまりしつこい営業もやっておりませんので)

 

 

また、紙や印刷に造詣のある方なら

 

[化粧箱つくる.net ]-メール便型

 

から、より安く短納期で制作できます。

(化粧箱つくる.netの箱には選べる内容に制限があります。悪しからずご了承ください。)

 

箱のサイズを変更する

一度つくったデザインをもとに

 

「このデザインで、この個所のサイズを変えてほしい」

 

そんなリクエストがときおりあります。

 

 

実は違いに気づかされます

 

さて、実際にレイアウトを少し変えて印刷してみると

イメージがたいてい変わります。。。

 

というのも、わずかな寸法・形状・レイアウトの変化でも

人間は敏感なので気づいてしまうものです。

(なんとなく違うような…?、ということになりがちです)

 

 

予防するために

 

だから

「このデザインを活かして、少し変えた箱にしたい」

 

そんな簡単に思える要望も、

手間ですが一度はサンプルを確認してみてください。

 

実寸でレイアウトされたデザインを見てみると、

「なんとなく違う??」

といった違和感にも気づきやすいものです。

 

 

 

五感に伝える箱作りに

 

逆に、箱はわずかな違いでも気づくもの。

だからこそ手に取る瞬間に

「こんなイメージだよ!」

と思えるものにしたいです。

作る側も同じ気持ちです。

 

 

サンプルを提供しています

 

箱のオーダーメイドサイト「紙箱化粧箱」

ではご要望に応じて

「見本を差し上げて確認~本発注」

という形も承っております。(有償となる場合ございます)

 

ちょっとのレイアウト変更でも気付く繊細な世界だからこそ…

イメージに近い箱をつくるために、ぜひ一度

「紙箱化粧箱」

もご検討ください。

 

 

価格競争と化粧箱

ワンコインランチ、一時期は絶滅危惧種でしたが

気づけばいろんなところで復活していました。

正直消費者からすると

 

「同じようなものなら、安いほうがいい」

 

は真理だと思います。(私もケチです)

 

で、この考え方を売る側から考えると、

より安く提供できれば勝ち、となってしまいます。

 

安さを追求し続けるには限界があります。

そして、安さを求めるニーズは、他がより安く提供したとたんに離れていきます。

 

そして最後は

 

大量に安く買い付ける → 安売り & 大々的な広告

 

という、資本と規模がものをいう売り方になってしまいます。

 

 

 

ルームサービスのコーラが1000円

 

「100円のコカ・コーラを1000円で売る方法」

という本が一時期話題になりました。

 

タイトルの種を明かすと、リッツカールトンのルームサービス価格が

「コーラ1杯 1000円」

でした。

 

さて、「グラス1杯のコーラを1000円で頼むやつがいるか?」という問題ですが…

そんな人もいるからルームサービスのメニューに1000円で掲載されている訳です。

誰も頼まなければ掲載されないか価格は見直すでしょう。

 

 

さて、そんなリッツカールトンの1000円コーラは、

 

・飲みやすい温度に保たれ

・ライムと氷が添えられ

・シルバーの盆に載せられて部屋まで運ばれる

 

訳です。

 

注文した客にとっては100円の缶コーラとは比べ物にならない満足感があります。

中身は100円で買えるものとわかっていても、1000円を払う価値があった、と感じるわけです。

 

ルームサービス

写真の中に映っている料理、見たところ原価はさほど高くなさそうです。

でもルームサービスって、安くて数千円単位。

それでも頼む人がいるから今も続いているわけです。

 

 

渡したとき、喜ばれる体験

 

安売り競争なら、資本と規模を持つほうが勝つようにできています。

でも皆が皆、100円のコーラを求めているでしょうか。

 

「のどを潤す」目的の飲料製品としてなら、100円が妥当と思われるはずです。

そもそもコーラは、いろんな場で売られています。

 

でも…

「心地よい体験をする」目的であれば、1000円でも払うということでもあります。

 

 

商品を手に取ったとき、誰かに渡したとき…

使う前からでも「喜ばれる体験」を売ることができます。

 

 

お客様との最初の接点は「包装」

 

あ客様と商品。

両者のいちばんはじめの接点は、「包装」になります。

 

「包装」で「これを手にすると**な体験ができそう」と思わせる、

それだけでも十分な差別化です。

そして商品を1から企画するよりは余程手軽です。

 

空港の土産店を思い浮かべてください。

凝りに凝った箱や袋がときおりあります。

 

「渡したら喜ばれそう」

「渡した人が喜んでくれたら私の気分もいい」

 

・・・箱だけでもイメージすることができます。

 

hw1602

加工や形状にこだわったり

 

くりぬいた化粧箱

くりぬきを入れてみたり。

 

「こんな見せ方出来るかな?」

 

とアイデアがあればぜひお問合せください。

実現のヒント、そして実際の包装までサポートいたします。
0120-960-254 (平日9時~17時)へお気軽にお問合せくださいませ。

(※弊社はしつこい電話営業は行っておりません、ご安心ください)

日本初!?新しい印刷機が導入されました!

皆さんこんにちは☆

化粧箱つくる.netスタッフの楢原です♪

最近はすっかり涼しくなり、秋を感じる気候となりましたね!

10月となると弊社は繁忙期となり、年末までラストスパート!といった雰囲気になります!

今年も残す所3ヶ月ですね!やり残しのない充実した日々を過ごせるようにがんばりたいです(^^♪

 

さて、本日は新しい印刷機についてご紹介致します♪

この度、弊社にはXerox iGen5 150 Pressを導入致しました!

オンデマンド印刷機ですが、4色カラー+特色1色(オレンジ・グリーン・ブルー)で印刷できる印刷機です(*^^*)

特色1色が追加されるだけで、表現の幅は格段に広がります!

本日は、工場に潜入し同時ルートで入手した1枚の写真を特別に公開します!(大袈裟)

igen5%e5%86%99%e7%9c%9f

4色カラー+オレンジ1色の色味を確認している様子です♪

まだテスト運用中ですが、近日中に詳細がご案内できると思います(^O^)/

お楽しみに☆

箱デザインの注意点-天地の把握

紙箱は、平面の紙を立体に組み立てて作ります。

だから、平面の紙に対して

「組みあがった状態」

を想定しながらデザインを作る必要があります。

 

一番気を付けたい、箱の上下(天地)方向

 

箱のデザインは、展開図をもとにデザインを作成します。

箱の展開図からデザインに起こすときに気を付けたい点に

 

「図案やデザインの上下方向が正しいか?」

 

があります。

 

例えば、N式箱(お土産物などに使われる箱)だと、

 

 

N式箱 天地方向

 

上図のような天地方向になります。

面ごとに上下方向が変わっている点に注目ください。

 

もしここにデザインを施すとなると

N式箱 面付

 

上図のようになります。

 

つまり、それぞれの面ごとに

 

「どちらが手前でどちらが奥か」

「どちらが上でどちらが下か」

 

意識しながらのレイアウトが必要になります。

 

紙箱のデザインは難しそうというとき

 

化粧箱つくる.netではデザインの制作代行も承っています。

(2016年10月6日時点では、一律30,000円で制作しています)

 

かんたんなラフや、イメージを伝えていただければ

熟練のデザイナーが箱の方向を定めて制作。

 

慣れていない方が作成し、何度も修正いただくよりは安くなる場合もあります。

 

ほか「この箱はどっちがどっちの方向?」というご質問も歓迎します。

お気軽にご相談くださいませ。

 

・お電話:0120-960-254(平日9時~17時)

 

インターネットから問い合わせ

 

 

箱の大量生産方法

箱の印刷ってなんだかよくわかりません。

そもそも「箱の印刷」ってニュアンスが最初はわかりませんでした。

 

ということで、今回は箱が大量に生産される流れをご紹介。

 

まずはデザインと版作り

 

デザインデータがあったとします。

(なかったら弊社内のデザインチームでも作成可能です。軽い気持ちでお問合せください)

(たぶん相場より安いです)

 

デザインが終わると版を作ります。

%e7%ae%b1%e3%83%87%e3%82%b6%e3%82%a4%e3%83%b3

 

(あまり表に出せない箇所なのでモザイク処理をかけています)

 

無数の組み合わせから、適切な版を作成します。

モアレなど起きないように、そして希望の色が出るように、丹念に設計します。

 

しっかりと設計された版をもとに印刷に入ります。

 

 

紙への印刷

 

紙への印刷に入ります。

色合わせ

色合わせ

しっかりと印刷物の色も合わせます。

というのも、紙や加工法だけで大きく色が変わってくるのが実情です。

手を抜かずしっかりと調整します。

 

 

箱を切り抜く

 

紙にただ印刷されている状態では箱となりません。

切り抜いたり折り目をいれたり、といった作業でようやく箱になります。

 

箱の抜型

切り抜く機械に、型をセットします。

専用の型(木型・抜き型)に基づいて機械が紙を断ち切っていきます。

 

 

箱の大量作成

 

人の目と経験、そして手入れされた機械が大量の箱を製造していきます。

 

 

実際にはほかにもたくさんあるのですが…

おおよその流れだけでも参考になれば幸いです。

 

もちろん品質に自信をもって発送しています。

 

 

ご注文は…

 

・抜き型を新規に作らず箱を作れるサイト「化粧箱つくる.net」

http://www.keshobako.net/shop/

 

・箱について不安があるとき、オーダーメイドでつくる「紙箱化粧箱.net」

http://www.order-box.net/

 

いずれか、自分の要望に合わせてお決めいただけます。

また、よくわからないときはお気軽に

0120-960-254 (平日9時~17時)

へお電話くださいませ。箱のことなら大体お応えできると思います