ときおりデザイン物でも

「なりゆきでこの色にしたのかな?」

「かっこいいからこの色にしたのかな?」

と思うときがあります。

 

 

コンセプトと色は合っていますか?

 

商品のターゲットとコンセプト。

この二つすら決めずに進めると、当初目的から外れたものになりがちです。

いつのまにか「なんとなく格好良ければOK」となってしまいます。

 

そして

 

発注者「うーん、格好いいけど・・・そういう商品じゃなかったんだよなぁ」

お客さま「うーん、欲しいものと違いそうだなぁ」

 

と、出来上がった成果物の前に誰も得しない結果になってしまいます。

 

 

 

例えば、クールさと高級感、信頼感などが手に取った瞬間にわかるiPhoneのパッケージ。

少し配色を変えてみましょう。

 

iphonecheap

 

…これはないですね。

とはいえ「安い」「美味しい」などを訴求する商品ならアリかもしれません。

 

 

色のイメージとコンセプト

しかし、現実には上の

「安そうなiPhone」「おいしそうなiPhone」

状態に近いことは起きています。

 

なんとなく

「これは俺の好みだ」

で決まってしまうパターンです。

 

たまたまマクドナルドが好きな人がデザインを決めていたら、iPhoneのパッケージもこうなっていたかもしれません。

これではせっかく商品を作った意味がなくなってしまいます。

 

この場合、上のひどいパッケージで今のようにiPhoneは普及したかは疑問です。

 

赤色は、インパクトがあり、そして食欲を駆り立てます。そして子供っぽい。

黄色は、胃の調子をよくして、笑いたくなる色です。そして子供っぽい。

 

赤色と黄色をあわせると

「食欲を刺激する」

配色になります。

 

(ファミレスチェーン店のロゴを思い出してみてください、多くは赤・オレンジ・黄あたりの色がメインになっています)

 

 

マクドナルド好きの人が決めたiPhoneのパッケージでは

iPhoneのコンセプトは伝わることなく、「なんかへんなもの」としてデビューしていたかもしれません。

 

 

 

お客さまの最初の印象は「パッケージ」

 

第一印象が大切だとはよくいいます。

だからこそ、パッケージの第一印象で

「これはきっと、こういう印象の商品なのだろう」

とお客様は考えてしまいます。

 

だからこそ物を売ろうとして

 

・高級感を与えるには、

・アーティスティックな印象を与えるには…

 

などなど様々な希望があると思います。

 

熟考されたコンセプトの具現化、

特に第一印象を決めてしまうパッケージ作りは大切です。

 

弊社は2サイト

・ 経験者向け 箱作りサイト「化粧箱つくる.net」

・ オーダーメイド箱作りサイト「紙箱化粧箱net」

にてお手伝いしています。

 

 

できないことはできないときちんと申し上げます。

仕様が分からないという場合でも、ヒアリングのうえで策定することもできます。

 

ぜひ一度、お気軽にお問合せください。

無料でご相談に応えさせていただきます。

Tweet about this on TwitterShare on Facebook5Share on Google+0Print this page