「正しい色」で納品する

印刷では「色がイメージと違う」といわれる事がままあります。

そのあたりのお話を少ししてみます。

 

正しい色と記憶色の違い

 

 

例えば以下の写真3枚をご覧ください(稚拙なものですが…)

miyazima

 

miyazima-gn

 

miyazima-or

 

どれが実際に正しい色でしょうか。

おそらく、いちばん現実に近い色は3枚目です。

 

しかし、多くの場合、記憶している印象は1枚目の写真ではないでしょうか。

「もっと青く静寂な雰囲気だったはずだ」と。

 

人間の記憶では、「印象に残った色」を強調して記録します。

 

だから「こんな色ではなかった気がする」という問題が時折おきます。

それはとてもあいまいです。

そして、記憶の中は現物よりも鮮やかに強調されています。

記憶色と呼ばれる所以です。

 

 

 

現物での色をあわせる

 

印刷の世界では、さらに、

紙や加工方法、ちょっとした要素

ささいなことで色が変わってきます。

上の写真以上に「こんな色かな?」と悩まさせられます。

 

色の見本があっても、必ずしも同じ色に調整できるわけではありません。

本当に些末な要素で変わってくるからです。

 

しかし現在、弊社では

箱もラベルも、そしてPOPも色をあわせて印刷をできる体制としています。

同じ敷地にある自社工場で印刷しているからこそできる技です。

なかなかトータルでのイメージが合わないと嘆かれている方、

ぜひご検討ください。

 

 

例えば…

下のイメージのように「ラベル」や「箱」の色も同じにしたい!!

そんな要望にもお応えできます。ぜひ一度ご検討ください。(リンク先は新酒包装についての案内です)

 

 

 

穴あき化粧箱も作れます

お土産や特産品として喜ばれるには包装も大事です。

 

「見た目が良かったから買ってしまった」
「楽しそうな品だったのて友人にあげたくなった」

 

そんな要素にこたえられるギフトがあるとやっぱり一目置かれます。

 

 

穴をあけた化粧箱などいかがでしょう

 

穴をあけた化粧箱は特にインパクトがあります。

 

穴をあけた化粧箱、既存の型からの作成は難しいのですが、

姉妹サイト「紙箱化粧箱.net」
でしたら、完全にフルオーダーの化粧箱が手に入ります。

 

くりぬいた化粧箱

弊社の作例です。

 

側面をクローバーの形にくりぬいてみました。

ちょっとしたサプライズが、手に取った方を喜ばせてくれそうです。

 

他にも、様々なアイデアを形にしています、

ちょっと凝ったものを作りたいけどできるのかな、と思ったら気軽に お問合せ くださいませ。

 

 

箱の作りたいイメージはある、だけれども、どう発注すれば?

 

・「こういうのが作りたい」というのはある

…だけれどもイメージはあっても紙とか加工とか…用語もよくわからない…

 

実は多いと思います。

 

そんな方には、内容をお聞きして仕様づくりをお手伝いしています。

かる~い気持ちでお問合せくださいませ。

 

分かりにくい箇所の判断も、弊社のスタッフが代理で行います。

 

お電話: 0120-960-254  (電話受付時間:土日祝をのぞく9時~17時)

または弊社 お問合せフォーム から、箱作りのはじめの一歩をどうぞ。

 

 

化粧箱の紙見本帳作成中!

化粧箱つくる.netブログをご覧のみなさんこんにちは。U。・x・)ノ

 

これまでに資料請求をおこなったお客様もいらっしゃると思いますが、
今月末に資料内容がパワーアップします。

 

ホームページに掲載している化粧箱の紙の素材について、紙の厚みや特徴をまとめた
紙見本帳をこれまで送付していましたガイドブックとセットになってお送りすることになりました。
資料請求フォームから御依頼されたお客様のみに送付していましたが、
これからは、資料請求のご依頼と会員登録されたお客様にセットになった資料になります。

 

紙見本帳のデザインもなどはすでに出来上がっており、現在着々と準備が進んでいます。
完成しましたら、ホームページやFacebookより改めてご紹介いたしますのでお楽しみにしててください。

 

 

 

 

最後にいつもの締めの本日の一枚、今回は今年の『大川花火大会からです。!パシャッ! Σp[【◎】]ω・´)。

 

 

IMG_0245

 

今年は土用の丑の日にうなぎを食べていませんが、冬の時期のほうが夏よりも脂がのっててより美味しくなります。
まだまだ夏は続くので暑さに負けずに頑張りましょう。

 

夏バテで弱っているときの対処

弊社・丸信がある福岡県久留米市では、ここ数日35度以上の猛暑日を記録しています。

…というより涼しかった覚えがありません。

書いている人もぐったりしています。

「ぐったり」弱った状況を少しでも解消できないか、まじめに調べてみました。

 

※以下すべて医学的根拠はありません、また弊社の公式見解でもありません。

 

 

ビタミンBをとろう

 

いくら食べても、食べたものが栄養に変換されなければ倒れます。

食べたものを栄養に変換するものがビタミンB1とビタミンB2です。

 

しかしながら、このビタミンB。

水に溶けます。

つまり、かってに汗や尿から流れていきます。

 

夏場は汗などを通して水分が失われがち。

だから、こまめにビタミンBをとりつづける必要があるようです。

ビタミンB1とあわせて炭水化物を取ることで、食べ物は効率よく栄養に変換され、また体に使用されます(だそうです)

 

ビタミンBが多く含まれる食品、たとえばウナギにはビタミンB1・ビタミンB2の両方が含まれます。

他には豚肉などもそうでしょうか。

 

でも汗で流れてしまうので、いっそサプリメントなどで補うのも手かもしれません。

水に流れてしまうので日常的な摂取がかなめだそうです。

食欲がわかないときは、香辛料でカレーめいたものにすると(個人的経験では)案外入ります。

 

 

冷房と外気温の差が、つかれを招く

 

人間の自律神経は「5度以上」の差があると混乱します(だそうです)。

 

例えば

「35度の汗だらだらの空間」→「26度のとても涼しい空間」

を行き来すると、約9度もの温度差があります。

 

すると自律神経は

「とても暑い」と解釈していたところに「涼しい」という状態へ瞬時に切り替えを要求され、混乱します。

エネルギーも大量に使用します。

 

加えて、汗を流した状態だと、冷房への体感気温はさらに下がります。

 

もう自律神経が変調をきたしてしまうのも当然ですね。

自律神経が不調をきたすと、頭痛や息切れなどの症状が表れてしまいます。

これが冷房病の一因だそうです。

 

あまり部屋は冷やしすぎず、また部屋に入るときに汗を拭きとっておくと軽減できそうです。

 

冷房に弱い人はカーディガンを着る文化もあります。

荷物が重くなるという場合、たとえばストールなどで首元を守るだけでも随分違うそうです。

 

 

とりあえず体を温める

 

夏場は基礎代謝が冬よりも低いようです。

つまり、体が熱を作る必要もなく、体温が低い、「冷え性の状態」になりがちとのことです。(すべて伝聞)

 

と、これまで見た通り、夏場の体は案外冷えているものらしいです。

 

対策として

 

・暖かいものも食べる

・お風呂に長くつかる

 

の2点で体を温めるとよい(そうです)。

 

 

 

しんどい時期が続きます。

時間をかけて読んでいただいた方に役立ってもらえるなら幸いです。

 

気にいったらシェアくださいね!

 

完全に個人的な解決方法

頭がぼんやりする → バファリン 

胃腸の調子が悪い → 大田胃散

 

操作が分からないデザイン

「誰のためのデザイン」という本があります。

デザイン系に少しでも興味があればぜひ読んでほしい名著です。

 

 

「誰のためのデザイン」、僕が過ごした大学では必ず読むように指導されました。

今思い起こしても、デザインがいいとはなにか、という問題に対して1つの回答が書かれていると思います。

ただ、そのぶん、中古本でも高い…。

 

図書館でもおいてるかもしれないのですが

「そもそも良いデザインってなに?」

という回答を書いてみたいと思います。

(内容は工業デザイン側から見たものです)

 

 

デザインとはそもそも設計のこと

 

「デザイン」は、日本語だと 「なんかかっこいいモノを作る」 という文脈で用いられます。

 

実は日本語「デザイン」の文脈は英語の design からずれているといわれます。

英語のdesignは「要件を整理して、目的に応じたものとなるよう設計する」

という意味合いで使うことがおおいです。

(異論はあると思います)

 

整理して設計する、これが当初のdesignでした。

 

 

いいデザインとは 「かんたんに目的を達成させるもの」

 

そこでdesignの意味から見た「見かけばかりでない設計」を考えてみます。

 

たとえばハサミがあります。

 

そして、ハサミという道具を、何も知らない人間に与えてみましょう。

使い方を説明せずとも、ハサミにゆびを入れるでしょう。

そして指を動かすと、刃先が動くことが分かります。

 

刃先が動くということは、なにかを切断するための道具だ、とすぐ認識できるでしょう。

 

つまり、ハサミは 「見ただけで触っただけで、説明がなくとも、使い方がわかる」 ものなのです。

 

「誰のためのデザイン」では一つの目標とされている概念です。

格好良すぎて使い方のわからないハサミがあるとすれば、

それはもはやハサミではないかもしれません。

 

 

いいデザインは間違いを起こさせない

 

「どうすれば最小限の説明で伝わるか」

「どうすれば目的に近づくことができるか」

designの基本はこの点だと思います。

 

なんとなく使っていればわかる、直感的に分かる、目的を達成できる。

そのあたりがdesignの目的です。

 

Macintoshが画期的だといわれ、iPhoneが受け入れられたのも

マニュアルはないけれども触るとなんとなく使い方は分かる

という点が大きいのです。

(そもそも論に、分厚いマニュアルを全部読み把握するほどみんな暇なのか?という話もあるのですが)

 

そして、人間は思った通りに動かないものには苛立ちを覚えます。

 

「思うように動かない」デザインは使う気を失わせるのです。

 

 

「間違いやすい」のは、操作している人の問題ではなく

・ 「間違いやすいdesignになっているから」

・ 「間違ったらリカバリーが難しいから」

といった、作った側の問題なのです。

(このあたりのガイドラインも業界によってはあります)

 

 

もちろんかっこいいデザインもあるよ

 

工業系やコンピュータ系のデザインは

「いかにストレスなく思い通りに操作させるか」

が長年のテーマでした。

ときとして見栄えよりも優先させるべき課題とされます。

 

例えば、Windowsのかつての標準フォント「MSゴシック」は美しさはなくても「小さい画面で読めること」を目指したフォントです。

その目的はmacで使われた美しいヒラギノフォントと根本から違うのです。

 

コンピューターの画面が大きくなり、たしかにMSゴシックはWindowsからも減りました。

ただ、組み込み機材や小型液晶では、いまもMSゴシックに似たフォントが使われています。

 

コピー機や券売機の液晶、一昔前の携帯電話を思い出してみてください。

MSゴシックのようなフォントが多く使われています。

これらに、もしも外見だけでフォントを選べば、読みづらく操作しづらい、わかりづらい機器といわれかねません。

そして、機会損失や、「あの機械は使いづらいからもう嫌だ」というイメージ悪化につながってしまうのです。

 

 

いっぽう、グラフィック、とくに広告系のデザインは必ずしもそうではありません。

グラフィックに求められるデザインは、広告が中心ということもあり

「目立つこと」

「売れること」

「イメージをアップさせること」

を前提にしている場合が多いです。というか大半そうだと思います。

 

だからグラフィックデザインで

「よくわからないけど、なんとなくかっこいい」

は生まれやすい土壌があります。

 

 

デザインといっても「よくわからないけど、かっこいい」が必ずしも正解ではないし、

「かっこいいから、***のように作って」はあなたの求める目的とそぐわないかもしれません。

 

ご注意くださいませ。

化粧箱つくる.netでは作れない形のご案内

化粧箱つくる.netブログをご覧のみなさんこんにちは。

 

今回は化粧箱つくる.netでは作れない形状の箱について少しご案内します。
キャラメル箱・ワンタッチ底箱・地獄底箱・お酒のカートン箱など比較的よく見る形状の
箱はたくさんご紹介していますが、その中でこれはオリジナルのオーダーメイドになるという形状をご案内します。

 

オリジナルハンドバッグ型箱
オリジナルのハンドバッグ型化粧箱
オリジナルハンドバッグ型箱
販促用商品陳列什器

  
写真左の箱は、お菓子やおもちゃなどのノベルティグッズを入れたりする際に。
写真右の陳列什器は、店頭でスポット的に商品PRをおこなうための販促用化粧箱です。
どちらも特定の用途のために設計をおこなったオリジナルの箱ですので、
残念ながら現在のところ化粧箱つくる.netにその図面は掲載していません。
  

オリジナルの化粧箱をどうしても作りたい!
そんな時には、紙箱・化粧箱.netへ是非お見積もり依頼を!d(゚∀゚)b
お問い合わせから納品まで丁寧にサポートいたします。
 

化粧箱つくる.netでも、新しい箱の図面を7月28日に公開しています。
こちらも是非ご覧ください。
7月28日追加の新商品はこちら
     
最後にいつもの締めの本日の一枚、今回は『有明海花火フェスタ』からです。!パシャッ! Σp[【◎】]ω・´)。
    

有明海花火フェスタ
  
丸信本社がある久留米市は明日が花火大会が行われます。
18000発、昨年は約45万人の人が見に行ったそうです。
見に行きたい・・・でも大渋滞で土曜日も出社なので今年はおあずけです。  

非常に熱い猛暑日が続きますが体調を崩すことが無いようにお盆休みを迎えれるように頑張りましょう。

googleがイメージした車の自動運転

車の自動運転がやけににぎやかです。

2016年時点では、前にいる車へついていく、レーンを保つ、といったものですが…そもそもなぜ巨額の投資が動いているか、少し調べてみました。

 

自動車メーカーでないgoogleの投資

 

トヨタやVWなど自動車メーカーが、競争力のために自動運転を研究するのは当たり前ですが。

最近はgoogleなどのソフトウェア企業が開発や投資を繰り返しています。

でもgoogleなどは自動車の製造ができるわけではありません。

(実際にgoogleもフィアット系列との提携を発表しています)

 

さて、googleが自動運転の実現を目指しているのはなぜなのでしょうか。

そこには夢物語とも思えるビジネスモデルがありました。

 

 

情報をサポートするための車

 

自動運転

 

 

googleが目標としているのは「ドライバーは何もしなくてもよい自動運転」にあるようです。

でもそれだけではgoogleには1円も入りません。

 

googleがイメージしている将来は

 

・「googleの情報を使って、移動先を選ぶ」

・「googleの情報を車に組み込む」

・「googleの情報をもとに、みんなが移動する」

・「googleの情報をもとに、(渋滞や環境も考えて)最適なルートで車を動かす」

・「googleの情報をもとに、目的地に到着する」

 

というもののようです。

もしこれが実現すれば、車にかかわるすべてにgoogleが関与しているわけです。

 

どちらかというと、「googleの情報を使うために車を自動で動かす」ものになりそうです。

 

 

googleの自動運転が実現するとどうなるか

 

googleの考える自動運転が実現すると

 

「googleでおしゃれなレストランを探す」

「googleで車を呼ぶ」

(シェアリングされた車は自動で迎えにやってくる)

「googleで車をレストランへと動かす」

「googleで予約したコースがレストランで提供される」

 

という夢物語のような世界になる…そうです。

 

「googleで」の文言を外せばかつてみた21世紀のようです。

ただ…そこまでgoogleに全てをゆだねる社会というのも怖い気はしますね。

 

 

トップ