化粧箱つくる.netで、箱の仕様を入力すると

下のような表示が出てきます。

 

表面加工

 

用紙は・・・コートボールについて調べた記事が過去あります。[参照]

また、貼合裏紙については [こちら] の記事にまとめました。

 

 

さて、次の課題。

表面加工についてです。

 

水性ニスなどいろいろ並んでいますが、結局何なのでしょうか。

 

 

● 水性ニス/

 

とりあえずの表面加工に。

印刷面に対して水性のニスを塗ります。

 

 

特徴として

 

・黄変しにくい (=経年劣化が目立ちにくい)

・無加工に比べてこすれを防止できる

・ 納期も短め

・ 価格も安め

 

といった点があります。

(全く加工なし、よりは 水性ニス加工 を入れておくほうが無難…らしいです)

 

 

 

● プレスコート

 

強いツヤがほしい!、そんなときにおすすめ。

 

 

とはいえプレスコート自体、耐摩耗性や耐水性に不安があります。

 

※弊社では

・耐摩耗性を高めたプレスコート

・耐水性を高めたプレスコート

もご用意しています。

 

箱に光沢がほしい!!、というときにお勧めです。

 

 

 

● フィルムコート

 

つやのある高級感がほしい時に。

 

 

印刷の上にフィルムを重ねます。

ラミネート加工のイメージです。

 

 

なにより、高級感すらただよいツヤと摩耗性が特長。

ただ価格としてはやや高めの加工になってしまいます。

納期も少しかかります。

 

 

 

マットフィルムコート

 

しっとりした手触りがほしい時に。

 

フィルムコート のツヤ消し版です。

光沢あるフィルムではなく、マット調のフィルムを重ねます。

 

 

光沢こそありませんが、しっとりした感触と上品な質感があります。

化粧品や贈答用など、高級なイメージを出したいときにどうぞ。

(ただ価格や納期の面ではあまりやさしくありません…)

 

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Google+0Print this page