化粧箱をDIYで作ろうとしても、そううまくいきません。

では精密かつ大量生産が必要なとき、どんな作り方をしているのか。

社外秘に触れない程度に追ってみます。

 

箱の設計

 

平面の紙に刷っただけでは箱になりません。

そもそも、どういう形で刷ればいいかを決めないと刷れません。

 

だから、まず図面を作る必要があります。

完成時のサイズや形状をもとに、まずは箱の図面をCADで作成。

箱のサンプル

 

 

地獄底箱の図面

 

もちろん、実物の図面には細かな寸法指定があります。

この図面をもとに、実際の印刷に取り掛かります。

 

※図面から作りますので、要望に合わせて様々な形を作れます。

 

 

製版

 

印刷機は、版データをもとに刷り上げます。

そこで、パソコンを使って版データを作成します。

つまり印刷の出来に大きく影響する工程です。

%e7%ae%b1%e3%83%87%e3%82%b6%e3%82%a4%e3%83%b3

 

「入稿されたデザインデータが適正か?問題なく印刷できるか?」などもチェック。

箔押しの位置などもここで作成します。

 

製版チェック

見本や色校正を前に、試行錯誤することも。

 

「製版」と聞くと、単純な工程のように思えるかもしれません。

ですが…大量印刷には、ほんの些細な要素も影響します。

だからこそ厳格なルール、十分な設備、そして熟練の経験や目が欠かせません。

 

 

 

印刷と加工

 

版をもとに実際に印刷します。

印刷

 

(大人の事情で、写真はモザイク付きです)

 

この印刷にもいろいろとあるのですが…

[オフセット印刷 仕組み] などで検索したほうが詳しいと思います。

 

 

 

抜き型、打ち抜き(トムソン加工)

 

まだ刷っただけでは1枚の紙です。

 

ですので、1枚の紙から、箱として必要な個所を切りだします。

また折り目なども入れます。

 

さすがにカッターナイフ等で膨大な枚数を切り出す訳にもいかないので…

まず図面をもとに 「抜き型(木型)」 とよばれる型を作ります。

 

箱の抜型

 

抜き型(木型)の例です。

 

この型をもとに、専用の機械が、箱部分を切り出したり、折り目をいれていきます。

※この型、なかなか高価なものだそうです

 

 

この工程も実際には「機械に型をセットするだけ」というわけでもなく、微調整が行われます。

紙の種類や厚み、状態。さらに加工方法など、多くの要素が差を生じさせるからです。

 

だからこそ、長年の経験をもとに、イメージ通りに同じ箱が納品できるよう調整します。

 

 

 

箱の形に整える

 

紙から切り出して、折り目を付けただけでは…まだ箱とはなりません。

 

製函

 

ですので、最後は箱の形に整えます。

箱の形になるべく、もしくは最低限の手間で組み立てられるように整形。

(糊貼り、製函、グルアー、貼り…など様々な呼び名があります)

 

 

 

化粧箱の完成

 

こうしてようやく

くりぬいた化粧箱

化粧箱の完成です。

 

と、工程が長いぶん、相応に手間がかかってしまいます。

そのため、一般には小ロットだと価格が高くなりがちです。

 

 

と難しい話が多いのですが…

お電話 0120-960-254(平日9時~17時) にて箱のご相談に応じています。

営業時間外だったり、「電話が億劫」という方は お問合せ よりご希望をお聞かせください

 

追記:

弊社は小ロットの箱を作成できる機械も導入しています

小ロットの場合、本記事と異なる部分もありますが、箱1個単位から作成できます。

こちらもあわせてご相談ください。

Tweet about this on TwitterShare on Facebook7Share on Google+0Print this page