車の自動運転がやけににぎやかです。

2016年時点では、前にいる車へついていく、レーンを保つ、といったものですが…そもそもなぜ巨額の投資が動いているか、少し調べてみました。

 

自動車メーカーでないgoogleの投資

 

トヨタやVWなど自動車メーカーが、競争力のために自動運転を研究するのは当たり前ですが。

最近はgoogleなどのソフトウェア企業が開発や投資を繰り返しています。

でもgoogleなどは自動車の製造ができるわけではありません。

(実際にgoogleもフィアット系列との提携を発表しています)

 

さて、googleが自動運転の実現を目指しているのはなぜなのでしょうか。

そこには夢物語とも思えるビジネスモデルがありました。

 

 

情報をサポートするための車

 

自動運転

 

 

googleが目標としているのは「ドライバーは何もしなくてもよい自動運転」にあるようです。

でもそれだけではgoogleには1円も入りません。

 

googleがイメージしている将来は

 

・「googleの情報を使って、移動先を選ぶ」

・「googleの情報を車に組み込む」

・「googleの情報をもとに、みんなが移動する」

・「googleの情報をもとに、(渋滞や環境も考えて)最適なルートで車を動かす」

・「googleの情報をもとに、目的地に到着する」

 

というもののようです。

もしこれが実現すれば、車にかかわるすべてにgoogleが関与しているわけです。

 

どちらかというと、「googleの情報を使うために車を自動で動かす」ものになりそうです。

 

 

googleの自動運転が実現するとどうなるか

 

googleの考える自動運転が実現すると

 

「googleでおしゃれなレストランを探す」

「googleで車を呼ぶ」

(シェアリングされた車は自動で迎えにやってくる)

「googleで車をレストランへと動かす」

「googleで予約したコースがレストランで提供される」

 

という夢物語のような世界になる…そうです。

 

「googleで」の文言を外せばかつてみた21世紀のようです。

ただ…そこまでgoogleに全てをゆだねる社会というのも怖い気はしますね。