冠婚葬祭に汎用の紙箱を使うのはちょっと…

他の式場と差別化できないか…

記念になる箱にならないか…

 

そんなご要望についてご案内。

ところで「冠婚葬祭」といいますが、「冠婚」と「葬祭」を同じ場所でやることってあるのでしょうか。謎です。

 

 

冠婚葬祭で使う箱

 

例えば香典返しに。

 

喪主からのお返しを添えて。

香典返しにも、オリジナルの文面やデザインを入れる事ができます。

(また弊社の紙箱は可変印刷にも対応しています)

 

弔問客方々が香典返しにもっともはじめに触れる場所、実は箱です。

 

箱に心遣いがあるだけで、印象もがらりと変わってきます。

 

 

明るくしゃれた香典返しにも

 

最近は香典返しにも、あかるくモダンな、でもしみじみとしたデザインが多いです。

 

 

写真の箱は

 

・プレスコート加工

 

と呼ばれる、強い光沢を出す加工を施しています。

 

プレスコート加工を入れるだけでも、同じデザインが、もっとオシャレな雰囲気になります。

香典返しに時としてありがちな陳腐さ、安っぽさ、からは距離を置くことができますね。

 

(また相応に予算を使ったものだろう、と弔問客としても葬儀の意味合いに思いをはせてくれるはず・・・)

 

 

と、2例ほど紹介しましたが、専門的でわかりづらいのも箱の世界。

 

お電話 0120-960-254(平日9時~17時) にて相談に応じています。

営業時間外だったり、「電話が億劫」という方は お問合せ よりご希望をお聞かせください

 

Tweet about this on TwitterShare on Facebook3Share on Google+0Print this page