紙箱については

「中身を入れても底が抜けない」

ことが大切になってきます。

 

そこで、底面の強度(どれくらいの重さに耐えられるか)について説明します。

 

1 キャラメル箱(サック箱)

 

よくみるタイプの箱です。

例えば…食品、健康食品や医薬品、お菓子などに使われている箱。

この形状は「キャラメル箱」(サック箱)と表現します。

 

安いし、大量生産にも向いてます。

ただし、重いものを入れてしまうと、底が抜けてしまいます。

 

 

2 ワンタッチ箱

 

キャラメル箱から少し強度をあげてみます。

底面が少し複雑になってきました。

でも「ワンタッチ箱」の名前通り、組立ては短時間ですみます。

どこかで見た事のある、そんな形だとおもいます。

 

見かけ通り、多少重いモノを入れても耐えられます。

 

そんな万能なワンタッチ箱ですが…(キャラメル箱と比べると)やや価格が上がってしまいます。

 

 

 

3 地獄底箱

 

もっと底面の強度を上げてみます。

こんな形になります。

(地獄底、などと言われます)

 

写真だと分かりづらいのですが…

地獄底箱の図面はこうなります。

 

地獄底箱の図面

 

ワンタッチ箱と比べて、「底面部分のかみ合い方が違う」くらいで解釈すれば

大丈夫かなと思います。

 

底面の強度はキャラメル箱(サック箱)・ワンタッチ箱よりも高めです。

しかも価格は比較的安く作れます。

 

とはいえ…微妙に組立が面倒な形でもあります。

 

 

 

結局どれがいいの?

 

キャラメル箱(サック箱)・ワンタッチ箱・地獄底箱。

どれもぱっと見は同じ箱です。

この写真だと「どれがどの形?」かわかりません。

底面を見ればわかるのでしょうが…。

 

強度やコストなど、需要に応じて形状を選択します。

 

とはいえ、紙質だったり、サイズだったり、中身の性質だったり…

いろんな要素が形状の選択にからんできます。

 

 

自信がないという場合、

お電話 0120-960-254(平日9時~17時) にて相談に応じています。

 

営業時間外だったり、「電話が億劫」という方は お問合せ よりご希望をお聞かせください

 

 

意外に奥深い箱の世界、

少しでも興味を持ってもらえたら幸いです。

 

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Google+0Print this page