紙箱にも品質を一定に保つ技術が欠かせません。

汚れがあったり、かすれやキズがあったり…

印刷しただけでは「全てが良品」というわけでもないのです。

 

そんな不良品対策をかんたんにご紹介してみます。

 

 

 

摩耗性の検査

 

印刷したはいいけれども、どう扱っても剥がれや擦れが起きない、とは言えません。

特に運送中は印刷の耐久性が問われます。

そこで謎の機械です。

 

この機械では、一定の荷重と回数で摩耗をシミュレーション。

紙と印刷がどの程度摩耗するか調べることができます。

 

もちろん結果によって、より摩耗に強い加工等をお勧めすることもできるわけです。

(全ての品で試験しているわけではございません)

 

 

 

印刷時の検査

 

印刷時にもリアルタイムに検査を行っています。

印刷をしながら、同時に印刷物をカメラが補足。

汚れ、油落ち、文字欠けを、印刷と同時に検査しています。

(写真にしづらい個所でしたので…イメージだけでも伝われば!)

 

 

 

オプション:紙面検査

 

さらに化粧品など、クオリティを重視される箱には

パッケージ専用の検査を行います。

わずかなピンホールや、印刷機からの油なども検知。

高額でも品質が求められる場合に使用します。

(こちらも全ての品で試験しているわけではございません)

(ご希望の場合はお気軽にご相談ください)

 

 

 

最終工程:ブランクス検査装置

 

汚れやインク飛び・カスレなどを、カメラと高性能コンピューターが自動判定。

品質基準を満たさない不良品を、機械の目で自動で検知&排除してくれます。

 

最終工程に近い部分で用います。

 

 

 

 

箱の検査とお問い合わせ

 

箱は納期も金額もかかるぶん、安易に作り直しがしづらい分野です。

だからこそ幾重にも検査を行って、少しでも万全に近い箱をおつくりしたいのです。

 

 

私どもでは お電話 0120-960-254(平日9時~17時) にて箱のご相談に応じています。

営業時間外だったり、「電話が億劫」という方は お問合せ よりご希望をお聞かせくださいませ。

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Google+0Print this page