紙箱は、平面の紙を立体に組み立てて作ります。

だから、平面の紙に対して

「組みあがった状態」

を想定しながらデザインを作る必要があります。

 

一番気を付けたい、箱の上下(天地)方向

 

箱のデザインは、展開図をもとにデザインを作成します。

箱の展開図からデザインに起こすときに気を付けたい点に

 

「図案やデザインの上下方向が正しいか?」

 

があります。

 

例えば、N式箱(お土産物などに使われる箱)だと、

 

 

N式箱 天地方向

 

上図のような天地方向になります。

面ごとに上下方向が変わっている点に注目ください。

 

もしここにデザインを施すとなると

N式箱 面付

 

上図のようになります。

 

つまり、それぞれの面ごとに

 

「どちらが手前でどちらが奥か」

「どちらが上でどちらが下か」

 

意識しながらのレイアウトが必要になります。

 

紙箱のデザインは難しそうというとき

 

化粧箱つくる.netではデザインの制作代行も承っています。

(2016年10月6日時点では、一律30,000円で制作しています)

 

かんたんなラフや、イメージを伝えていただければ

熟練のデザイナーが箱の方向を定めて制作。

 

慣れていない方が作成し、何度も修正いただくよりは安くなる場合もあります。

 

ほか「この箱はどっちがどっちの方向?」というご質問も歓迎します。

お気軽にご相談くださいませ。

 

・お電話:0120-960-254(平日9時~17時)

 

インターネットから問い合わせ

 

 

Tweet about this on TwitterShare on Facebook5Share on Google+0Print this page