箱の印刷ってなんだかよくわかりません。

そもそも「箱の印刷」ってニュアンスが最初はわかりませんでした。

 

ということで、今回は箱が大量に生産される流れをご紹介。

 

まずはデザインと版作り

 

デザインデータがあったとします。

(なかったら弊社内のデザインチームでも作成可能です。軽い気持ちでお問合せください)

(たぶん相場より安いです)

 

デザインが終わると版を作ります。

%e7%ae%b1%e3%83%87%e3%82%b6%e3%82%a4%e3%83%b3

 

(あまり表に出せない箇所なのでモザイク処理をかけています)

 

無数の組み合わせから、適切な版を作成します。

モアレなど起きないように、そして希望の色が出るように、丹念に設計します。

 

しっかりと設計された版をもとに印刷に入ります。

 

 

紙への印刷

 

紙への印刷に入ります。

色合わせ

色合わせ

しっかりと印刷物の色も合わせます。

というのも、紙や加工法だけで大きく色が変わってくるのが実情です。

手を抜かずしっかりと調整します。

 

 

箱を切り抜く

 

紙にただ印刷されている状態では箱となりません。

切り抜いたり折り目をいれたり、といった作業でようやく箱になります。

 

箱の抜型

切り抜く機械に、型をセットします。

専用の型(木型・抜き型)に基づいて機械が紙を断ち切っていきます。

 

 

箱の大量作成

 

人の目と経験、そして手入れされた機械が大量の箱を製造していきます。

 

 

実際にはほかにもたくさんあるのですが…

おおよその流れだけでも参考になれば幸いです。

 

もちろん品質に自信をもって発送しています。

 

 

ご注文は…

 

・抜き型を新規に作らず箱を作れるサイト「化粧箱つくる.net」

http://www.keshobako.net/shop/

 

・箱について不安があるとき、オーダーメイドでつくる「紙箱化粧箱.net」

http://www.order-box.net/

 

いずれか、自分の要望に合わせてお決めいただけます。

また、よくわからないときはお気軽に

0120-960-254 (平日9時~17時)

へお電話くださいませ。箱のことなら大体お応えできると思います

Tweet about this on TwitterShare on Facebook3Share on Google+0Print this page