中身は同じでも、箱が変わるとまるで別物のようになってしまいます。

とはいっても・・・具体例がないとわかりづらいですね。

 

「箱って大事ですよ!」といっても伝わらないクライアントさん相手に。

具体例を出して箱の展開をみていきます。

 

 

ティッシュペーパーの箱

 

「ティッシュペーパー」といわれても、どれも差はなさそうな気がします。

では次の例はどうでしょうか。

 

▼明るい。テキスタイルのおかげで高そう。(アスクルより引用)

http://www.askul.co.jp/p/1633009/

 

▼シック。なんとなく高そう。(アスクルより引用)

http://www.askul.co.jp/p/1633152/

 

はい。

とはいえ…ティッシュペーパーという中身は

おそらくあまり変わらないと思います。

 

でもイメージとして

「これにしたい!」

と思わせる要素が、アプローチ別にあるわけです。

 

中身はたとえ同じでも、外装だけでもリニューアルできます。

箱のデザイン、少し変えてみるだけでも違う顧客がつくかもしれませんよ。

 

 

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Google+0Print this page