CMYKの限界

 

印刷物は

C(シアン)

M(マゼンタ)

Y(イエロー)

K(ブラック)

この4色を混ぜ合わせて色を作り出すのがふつうです。

白紙の上に色を重ねていくイメージですね。

 

いっぽうで、多くのデザイン物がパソコン上で作られています。

 

実は、パソコンの画面は印刷とは真逆の色づくりが行われています。

 

パソコンのモニタは黒い画面にRGBで色を表現、

つまり真っ暗な画面に3色(Red/Green/Blue)の光を重ね合わせて色を作り出します。

 

だから、本当は、モニタ上の色と印刷物の色って、なかなかあわないのです。

(もちろん当社では色を合わせる手法を導入しています!)

 

さて、ここで問題となるのが、RGB(つまりパソコン)で表示される色は

CMYK印刷より多くの色を表現できてしまう点です。

 

だから

「色鮮やかに作ったつもりが、プリントアウトすると冴えない」

という事態がおきます。

 

 

あざやかな化粧箱に

どうせ化粧箱を作成するなら、中身の魅力がつたわってほしいもの。

だから当社では職人が色を調整し、CMYKだけでは再現できない色味を作りあげることもあるんです。

 

特色の調合

 

蛍光色やパステルカラーは、特にCMYKが苦手とする部分です。

 

特色の色合わせ

 

しかし特別な色を足すことで、イメージ通りの箱に刷りあげています。

 

http://www.order-box.net/

 

化粧箱つくりはわからない、だけど色にはこだわりたい!

当社はそんな声にもお答えしています。

ぜひ一度お問い合わせください。(別に怖くないので…)

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Google+0Print this page