「赤い箱にしてください」

 

といわれることがあります。

さて、赤色とはどんな色でしょうか。

 

赤色

 

Adobe Color にて「red」と検索した結果です。

ご覧のようにたくさんの「赤」があります。

 

表示されているうち、ほとんどの色は「赤」とまとめられそうです。

 

 

 

曖昧な色のモノサシ

 

実のところ…同じカラーチップをもとにしても、印刷によって

 

・ ケースは 茜色

・ チラシは 海老茶色

 

となることも。

 

勿論それぞれの印刷について「これは許容範囲」という基準はあります。

とはいえ…印刷の場ごとに許容範囲の中であっても、場が違えばズレは起きるのです。

 

だから

 

・カラーチップと印刷単品で比較 → あまり変わらない色

・複数の印刷物で比較 → 案外違う色

 

となるケースがあります。

 

 

 

状況ごとに色は変わる

 

 

ほかにも

 

例えば…

・打ち合わせで使用する出力紙

・パソコンの画面

・インキで刷った色

と、色の見え方は変わります。

 

でもイメージの色と実際の色のギャップを埋めたい、

だからこそ「色のものさし」が欠かせないのです。

 

 

 

色のモノサシ

 

そこで、弊社ではJapanColor認証制度・標準印刷認証を取得。

これを色のモノサシに使っています。

不十分になりがちな、「安定した発色」をお届けできるようになったと自負しています。

 

 

 

お電話 0120-960-254(平日9時~17時) にて箱のご相談に応じています。

また、あわせてシール等も色を合わせて印刷・作成をいたします。

営業時間外だったり、「電話が億劫」という方は お問合せ よりご希望をお聞かせくださいませ。

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Google+0Print this page