化粧箱、というよりパッケージの印刷は、紙に刷るだけでは終わりません。

筆者もせいぜい「表面加工が~」とか「金箔が~」とかそういう話だと思っていました。

化粧箱を印刷する過程を少しご紹介します。

 

紙に刷っても終わりじゃない

 

紙に指定のデザインを刷って、必要に応じて加工を入れます。

まだ化粧箱の印刷は終わってません。

 

木型(抜き型)

 

こんなものが出てきます。

木型というそうです(「抜き型」といったほうがわかりやすいかも)。

 

 

木型(抜き型)って、なにに要るの?

 

紙箱は

kata

このように、型で抜いておかないと組み立てできません。

 

だから「紙を切り抜く機械」が必要です。

「紙を切り抜く機械」は、木型(抜き型)どおりに型抜きをしていきます。

 

 

形やサイズが変わるたびに違う木型が要るの?

 

大体はそうみたいです。

だから木型は一点一点オーダーメイドになるそうです。

一つ一つ設計して、木型(抜き型)を作らないといけないのです。

 

平面的な印刷物よりコストもかかります。

 

 

ムダが多そう

 

そこで…

[化粧箱つくる.net] では弊社が持っている木型をもちいて、紙箱の印刷が行えるようにしました。

見積もりも、その場で自分でできてかんたんです。

適合する木型があるなら、安くて短期間の印刷ができます(たぶん)。

 

紙箱の印刷を考えている方、ぜひ一度探してみてください。

 

 

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Google+0Print this page