写真、最近ではスマートフォンでも手軽に高画質なものが撮れる時代になりました。

弊社にも「この写真を使って」とスマートフォンで撮られた写真が送られてきます。

 

でも時々「被写体は灰色なのに、写真は紫色に移っている」というものがあります。

そうした、明らかに写真と物の色が違うとき、試してほしい点を紹介します。

 

 

その前に…人間が考える色と、デジカメに映る色

 

人間の脳は、色をみたままに判断せず

「実際はこんな色だろう」

とよしなに変換しています。

 

だから、蛍光灯の下でも、夕日の下でも、白いものを見れば

「この物体は白い」

と判断できます。

 

つまり

目「オレンジ色の光が入ってきた」

脳「色はオレンジだけど、実際は白いものだろう」

と判断してくれるわけです。

 

記憶にも 「あの時見たものは、オレンジ色ではなく白色のもの」 として残ります。

便利です。

 

 

でもデジタルカメラのプログラムは、人間の脳を再現できてはいません。

デジタルカメラのメーカーはいろいろなパターンを研究して

「実際はこういう色だが、脳はあの色と認識するだろう」

と判別方法を積み重ねています。

 

でもプログラムは完ぺきではありません。

誤作動を起こす時もあります。

そして誤作動が起きると「商品は灰色なのに写真では紫色になった」という事態になります。

 

 

ホワイトバランス

 

 

人間の側で「今はこういう状態だ」と指定するプログラムがだいたいのカメラにはあります。

誤作動が起きている状況では、手動で

「今はこういう状態だ」

と指定したほうが確実です。

 

 

カメラではWB(ホワイトバランス)という機能で状態を指定できます。

 

https://support.apple.com/kb/PH11972?locale=ja_JP&viewlocale=ja_JP

 

iphoneやipadだと上記のURLに設定方法があります。

ほかにも「機種名 ホワイトバランス 設定」などで検索すれば設定方法が出てくると思います。

 

設定画面で オート ではなく 選択肢から近いものを指定すればOKです。

 

これで商品に近い色の写真が撮れるようになります。

(オート、はプログラムで自動判定している設定です。だからときおり色が違います…)

 

 

商品の種類によっては「色が明らかに違う」状況はクレームにもつながります。

ご参考くださいませ。

 

※わかりやすく書くために多少語弊がある部分があります。ご了承ください。

 

 

 

でもきちんと撮りたいよね

 

安くもない印刷をするのだから、きちんとした写真で撮ったほうがいい、そうしたお声もございます。

 

だから当社丸信ではプロカメラマンも在籍。

専用スタジオでの写真撮影も行っています。

 

クオリティを重視させる方はもちろん、細かいことはわからないし面倒という方も、

お気軽にお問合せくださいませ。

Tweet about this on TwitterShare on Facebook5Share on Google+0Print this page