印刷では「色がイメージと違う」といわれる事がままあります。

そのあたりのお話を少ししてみます。

 

正しい色と記憶色の違い

 

 

例えば以下の写真3枚をご覧ください(稚拙なものですが…)

miyazima

 

miyazima-gn

 

miyazima-or

 

どれが実際に正しい色でしょうか。

おそらく、いちばん現実に近い色は3枚目です。

 

しかし、多くの場合、記憶している印象は1枚目の写真ではないでしょうか。

「もっと青く静寂な雰囲気だったはずだ」と。

 

人間の記憶では、「印象に残った色」を強調して記録します。

 

だから「こんな色ではなかった気がする」という問題が時折おきます。

それはとてもあいまいです。

そして、記憶の中は現物よりも鮮やかに強調されています。

記憶色と呼ばれる所以です。

 

 

 

現物での色をあわせる

 

印刷の世界では、さらに、

紙や加工方法、ちょっとした要素

ささいなことで色が変わってきます。

上の写真以上に「こんな色かな?」と悩まさせられます。

 

色の見本があっても、必ずしも同じ色に調整できるわけではありません。

本当に些末な要素で変わってくるからです。

 

しかし現在、弊社では

箱もラベルも、そしてPOPも色をあわせて印刷をできる体制としています。

同じ敷地にある自社工場で印刷しているからこそできる技です。

なかなかトータルでのイメージが合わないと嘆かれている方、

ぜひご検討ください。

 

 

例えば…

下のイメージのように「ラベル」や「箱」の色も同じにしたい!!

そんな要望にもお応えできます。ぜひ一度ご検討ください。(リンク先は新酒包装についての案内です)

 

 

 

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Google+0Print this page