皆さん、こんにちは。

今回は弊社設計チームより、新しいカタチのケースのご紹介をさせていただきます。

弊社にはケースの設計の専門の部門があります。

化粧箱つくる.netには、様々な木型がありますが「こんなのあったら良いのに」と思われるときはありませんか。

そのときは、是非お気軽にお声掛け下さいませ。

設計のプロが、イメージを具現化しオリジナルの化粧箱をご提案させていただきます。

「設計のプロが居るのはわかったけど、実際にはどういう事ができるの?」

そんな疑問を解決する糸口となればと思い、不定期ではありますが私たちのオリジナルの化粧箱の

アイデアをご紹介させていただきます。

ご参考になれば幸いです。

本日は、「フタミ一体両開き組箱」のご紹介です。

 

blog_mip_002

フタを削りサイドフラップにロック部分がつき、折り返しロックによってしっかりとしたフタが両方からかぶさる形状です。

組み立て作業が必要ですが、フタミ一体式で糊貼りが無い為、コストも抑えられます。

フタを削った箇所の下地の色を変えるなどすればデザイン的にも面白い見映えとなります。

デメリットは、両開きのフタの中央で差し込んでいる為、フタが開こうとします。したがってシール留め等をおすすめします。

 

あなたのアイデアのひとつになれば幸いです。

 

 

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Google+0Print this page